Wedding Photo    ブライダルカメラマン・ロケーションフォト・前撮り・沖縄

 本当のブライダル写真へ、ようこそ。

 imaizu (600)


は じ め に …

 結婚式の写真は一生に一度。
本当は自分で撮りたいけれど、新婦や新郎がカメラをぱちぱち撮るわけにはいきません。 さてどうしよう…… そんなみなさん、お任せ下さい。

 ~ こ ん な 方 の ご 期 待 に お 応 え し ま す ~ 

・料理や自然、生きものが好きな方
・手づくりの挙式にチャレンジしている方
・写真が好きで、自分でもいろいろ撮っている方
・外見よりも中身を重視したい方
・派手なものがちょっと苦手な方
・2日前なのにまだカメラマンさんが決まっていない!方
・こころに残る写真を望んでおられる方

© Shinya Imaizumi
挙式前日、モズク採りに励むリキとタイキ。


写真屋さんと、どう違うの?

 僕は2010年に、ほとんど手づくりの式を妻と挙げました。ほんとうは自分で写真も撮りたかったのですが、そういうわけにもいかず、面識のない方に頼むのも不安で、結局、ブライダル専門ではない先輩カメラマンに頼みました。
 理由は、「ブライダル写真」というよりも、「人生の一部」として、大切な一日を切りとってほしかったからです。そして彼が “一番親しい” カメラマンだったからです。
親しい人が、または親しく感じてくれる人が、よい写真を撮ってくれます。
 また、撮影中に気を配ることのひとつに、できるかぎりフラッシュを使わないこと、があります。お二人がこだわった会場の照明や自然の光を大切にしたいという気持ちからです。撮影の難易度は上がりますが、晴れの日には晴れの、曇りや雨の日にはその日なりの表情があることを大切にしていきたいと思っています。


© Shinya Imaizumi  © Shinya Imaizumi  © Shinya Imaizumi


なぜブライダルを撮るの?

 明るい+キレイ=感動という単純な図式でないのが、写真のすてきなところです。
重要なのは愛情で、腕ではないんだな、と感じています。僕はみなさんの式にぜひ行きたい!です。自分たちの式のしあわせを思い返し、みなさんとともに感動しながらシャッターを切るのは、僕にとっても二度とない、喜びの時間です。
 大切な一日をともに過ごしたお二人や、ご家族と別れるときは、寂しいです。涙でファインダーが見えなくなることもしばしば…。そして家に帰ると、妻と挙式の話で幸せになります。息子が隣からおしゃべりに参加してきたりします。
 ブライダル写真は、長い結婚生活でふたりが壁にぶつかったとき、ふと目にすることで相手に優しくなれたりする、非常に重要なものだと思います。僕が撮るのは「お二人」ではなく「お二人を結び合わせたもの」です。おふたりの周りには無数の “関係性” があり、それらをしっかりと見ることで、誰が見ても物語を感じる写真になるのだと思います。

 © Shinya Imaizumi  © Shinya Imaizumi

 まずは一度、ご連絡いただければ幸せです。型にはめたポーズ写真ではない、人と自然を長く見つめてきた写真家ならではの「美しいけれど、ありのままの記録」をお見せします。

© Shinya Imaizumi 56a  © Shinya Imaizumi 93  © Shinya Imaizumi 150a


【 STORY OF US 】



P r e l u d e

© Shinya Imaizumi © Shinya Imaizumi © Shinya Imaizumi © Shinya Imaizumi © Shinya Imaizumi 256

© Shinya Imaizumi 4 © Shinya Imaizumi 60 © Shinya Imaizumi 124 © Shinya Imaizumi 5a © Shinya Imaizumi 6

© Shinya Imaizumi 7 © Shinya Imaizumi 66 © Shinya Imaizumi 63 © Shinya Imaizumi 128 © Shinya Imaizumi 258 © Shinya Imaizumi 9a © Shinya Imaizumi

© Shinya Imaizumi 8 © Shinya Imaizumi 9 © Shinya Imaizumi 78 © Shinya Imaizumi 221 © Shinya Imaizumi 178 © Shinya Imaizumi 259

© Shinya Imaizumi 172 © Shinya Imaizumi 64 © Shinya Imaizumi © Shinya Imaizumi 65 © Shinya Imaizumi 86 © Shinya Imaizumi 11a

© Shinya Imaizumi 67  © Shinya Imaizumi 11 © Shinya Imaizumi © Shinya Imaizumi 12 © Shinya Imaizumi 13 © Shinya Imaizumi 62

© Shinya Imaizumi © Shinya Imaizumi © Shinya Imaizumi 68 © Shinya Imaizumi 69
 


C e r e m o n y

© Shinya Imaizumi 31 © Shinya Imaizumi 177 © Shinya Imaizumi 179 © Shinya Imaizumi 21 © Shinya Imaizumi 238

© Shinya Imaizumi 237 © Shinya Imaizumi 181  © Shinya Imaizumi 180 © Shinya Imaizumi 73   © Shinya Imaizumi 125 © Shinya Imaizumi 126  © Shinya Imaizumi 32

© Shinya Imaizumi 89 © Shinya Imaizumi 60 © Shinya Imaizumi 18  © Shinya Imaizumi 16 © Shinya Imaizumi 182

© Shinya Imaizumi 19 © Shinya Imaizumi  43 © Shinya Imaizumi 236 © Shinya Imaizumi 33 © Shinya Imaizumi 38 © Shinya Imaizumi 40 © Imaizumi 71

© Shinya Imaizumi 200 © Shinya Imaizumi 201 © Shinya Imaizumi 7 © Shinya Imaizumi 203 © Shinya Imaizumi 202 okinawa (104aa) 



I n t e r l u d e

© Shinya Imaizumi 20 © Shinya Imaizumi 85 © Shinya Imaizumi 24 © Shinya Imaizumi 66 © Shinya Imaizumi 58

© Shinya Imaizumi 71 © Shinya Imaizumi 86  © Shinya Imaizumi 44  © Shinya Imaizumi 67  © Shinya Imaizumi 57 © Shinya Imaizumi 239

© Shinya Imaizumi 74 © Shinya Imaizumi 227 © Shinya Imaizumi 183  © Shinya Imaizumi 246 © Shinya Imaizumi 184 © Shinya Imaizumi 226

© Shinya Imaizumi 25 © Shinya Imaizumi 26 © Shinya Imaizumi 225 © Shinya Imaizumi 26a © Shinya Imaizumi 27

© Shinya Imaizumi 85 © Shinya Imaizumi 224 © Shinya Imaizumi 240



R e c e p t i o n

© Shinya Imaizumi 29 © Shinya Imaizumi 30 © Shinya Imaizumi 31 © Shinya Imaizumi 32 © Shinya Imaizumi 244

© Shinya Imaizumi 33 © Shinya Imaizumi 186 © Shinya Imaizumi 34 © Shinya Imaizumi 228 © Shinya Imaizumi 89 © Shinya Imaizumi 87

© Shinya Imaizumi 72 © Shinya Imaizumi 84 © Shinya Imaizumi 87  © Shinya Imaizumi 249 © Shinya Imaizumi 46 © Shinya Imaizumi 72

© Shinya Imaizumi 97 © Shinya Imaizumi 229 © Shinya Imaizumi 245 © Shinya Imaizumi 35 © Shinya Imaizumi 36

© Shinya Imaizumi 187 © Shinya Imaizumi 188 © Shinya Imaizumi 189 © Shinya Imaizumi 248 © Shinya Imaizumi 38 © Shinya Imaizumi 39

© Shinya Imaizumi 40 © Shinya Imaizumi 41 © Shinya Imaizumi 54 © Shinya Imaizumi 42 © Shinya Imaizumi 43 © Shinya Imaizumi 142

© Shinya Imaizumi 94 © Shinya Imaizumi 52 © Shinya Imaizumi 53



E p i l o g u e

© Shinya Imaizumi 41 © Shinya Imaizumi 45 © Shinya Imaizumi 46 © Shinya Imaizumi 251 © Shinya Imaizumi 44

© Shinya Imaizumi 37 © Shinya Imaizumi 92  © Shinya Imaizumi 145 © Shinya Imaizumi 191 © Shinya Imaizumi 47

© Shinya Imaizumi 48 © Shinya Imaizumi 95 © Shinya Imaizumi 74 © Shinya Imaizumi 96 © Shinya Imaizumi 91

© Shinya Imaizumi 73 © Shinya Imaizumi 233 © Shinya Imaizumi 148 © Shinya Imaizumi 242  © Shinya Imaizumi 51 © Shinya Imaizumi 50

© Shinya Imaizumi 55 © Shinya Imaizumi 47 © Shinya Imaizumi 93 © Shinya Imaizumi 42 © Shinya Imaizumi 234

© Shinya Imaizumi 76 © Shinya Imaizumi 192 © Shinya Imaizumi 95 © Shinya Imaizumi 56 © Shinya Imaizumi 103

© Shinya Imaizumi 255 © Shinya Imaizumi 57 © Shinya Imaizumi 81 © Shinya Imaizumi 8 © Shinya Imaizumi 80



© Shinya Imaizumi    


 写真のかわりに、動画のご依頼もお請けしています。写真と同じくボケのきれいなシネマカメラを使い、挙式と披露宴のほぼ全体を、2時間~3時間の長さにまとめます。
(会場の制約や撮影条件により、通常のビデオカメラを使用することもあります)

© Shinya Imaizumi © Shinya Imaizumi


撮 影 の ご 料 金(税込)

◆結婚式(+披露宴または食事会)、前撮り、ロケーションフォトとも料金は同じです。ひとりひとりの方と丁寧に向き合えるように、値下げはしておりません。下げると数をこなさなくてはならなくなります。平日・土日祝問わず一律で、ご清算は後日振込みでもOK。 
 ビーチなどではどうしても漂着ゴミなどが写りますので、1000~2000枚撮影したなかからセレクトしたものを、数日かけて画像処理していきます。その必要な日数を加味した料金、とご理解いただければ幸いです。(写真点数が多いためJPEG撮りです。データが大きくなるRAW撮影は通常行なっておりません。ご希望の方は事前にメールなどで必ずお書き添えください)

◆前撮りやロケーションフォトは、時間短縮による写真の質の低下を防ぐため、丸一日かけて観光ガイドもしながらじっくりと数ヶ所をまわり撮影を行なっています。
 家族写真の場合は子どもたちの機嫌もありますので、数時間のみの対応もしております。料金も含めて、まずはご相談ください。
「式場のカメラマンさんが急にできなくなった!」などの場合も、当日でも対応できることがあります。一生に一度の写真です。あきらめずにご連絡を…

↓◆ロケーション撮影をご希望の方は必ずお読みください。
【重要】地元への撮影協力費について


写真撮影+画像処理 価 格 納 期 ご 納 品 物
 撮影は1日90,000円 3週間  JPEGデータ約500(小人数)~900点(大人数) 
 動画撮影+編集 価 格 納 期 ご 納 品 物
撮影は半日~1日150,000円 4週間   撮影+編集+ブルーレイ 3枚をお届け

 重要 カメラマンは僕1人ですので、原則として写真と動画の両方はできません☆

・料金には通常、交通費・食費・メディア代・送料が含まれています。アルバムは含まれません。
・名護や南部の玉城などの場合は、交通費の実費約3000円ほどを戴いております。
・納期は他のお仕事との兼ね合いで変動があります。
・映像の雰囲気につきましては映像のコーナーをご参照ください。
 
・ブルーレイはシンプルなレーベル印刷とケースでお値段を下げました。中身で勝負です。
・写真・動画とも、ヘアメイクさんなし、カメラマン1名での価格です。
・二次会撮影は別料金となります。ご希望の方は必ず事前にご相談ください。
・そのほか、何でもご遠慮なくお問い合わせください!


© Shinya Imaizumi 10a
ロケーション撮影で新しい自分に出会う。

© Shinya Imaizumi 129  © Shinya Imaizumi 11 

© Shinya Imaizumi 140  © Shinya Imaizumi 166

© Shinya Imaizumi 139a  © Shinya Imaizumi 112

akijyo (318)  akijyo (556)

 
© Shinya Imaizumi 131b

okinawa (98a)



© Shinya Imaizumi 21  © Shinya Imaizumi 159

© Shinya Imaizumi 108  © Shinya Imaizumi 169

akijyo (523)



お願い

 会場準備から、メイク、挙式、披露宴、片付けまで、一日完全密着いたします。「お化粧する前は撮らないで」「太っているから修正して」などおっしゃる場合、残念ですがご依頼をお受けできない場合がございます。
 僕は結婚生活の中で、気に入らないことも全てを含めて「二人の記憶」であり、振り返った時には、それこそが本当の思い出になると実感しています。大切な日のすべてを、温かい眼差しで記録することが大事だと考えておりますので、勝手ながらご了承ください。

© Shinya Imaizumi 115  © Shinya Imaizumi 9

© Shinya Imaizumi 15a  akijyo (224)

akijyo (330)

ビーチフォトも、ぜひ小物をご持参ください。工夫次第ですてきな一枚に。

© Shinya Imaizumi 163a



© Shinya Imaizumi
お腹の中の新しい家族とともに。

© Shinya Imaizumi


© Shinya Imaizumi 154  © Shinya Imaizumi 260
そして産まれた子とともに。

© Shinya Imaizumi 151


©ShinyaImaizumi  ©ShinyaImaizumi  ©ShinyaImaizumi  ©ShinyaImaizumi  ©ShinyaImaizumi  ©ShinyaImaizumi
©ShinyaImaizumi  ©ShinyaImaizumi  ©ShinyaImaizumi  ©ShinyaImaizumi


© Shinya Imaizumi 171a


先輩花ヨメ&花ムコのひとことコーナー

Miki&Yuuki
Miho&Jyunji
Ikuko&Hanamuko

Riki&Taiki
Fukie&Kanchan
Hiroko&Daisuke

MoMo&Tomo
M&M
Karin&Yuuki
Yukari&Takuma


© Shinya Imaizumi  © Shinya Imaizumi  © Shinya Imaizumi



出張ヘアメイクさんなどの情報☆
一緒にすごして人柄がよかった方ですが、あくまでもその時の印象です。ご自身でお話してみてくださいね

「hair make-up エ・クロール」小森しのぶさん(浦添市)http://www.eclore.jp/

「Hair&Make ARTE」伊禮亜希子さん(那覇市)https://www.instagram.com/akiko_irei/

「salon de Lapin」Nagiさん(宜野湾市)http://www.salon-de-lapin.com/

伊良皆ユリカさん yuri_hairmake_hokkaido/ 

知念美加子さん(スタイリストさん) https://www.instagram.com/chinenmikako/?hl=ja



おすすめウェディング会場情報☆
(あくまでも過去の印象です。ご自身でご判断を。)

 式場はいまや星の数ほどありますが、たいがいは規則が多く、自由度が少ないのも事実。その中で、比較的カメラマン外注等をスムーズにできて、スタッフさんの対応も柔らかいところとして、以下の会場はおすすめです。(撮影に入ったことを公表しないでほしいと言われている会場も多々あります。詳しくはご依頼時に聞いてみてください)

「アイネスヴィラノッツエ沖縄」
チャペル、ヴィラ、ビーチともきれいで、お料理も見事。スタッフさん紹介をHPでみることができます。支配人さんも魅力的。今泉も時々入っています。

「国営 熱帯ドリームセンター」
最近ちょっとびっくりした場所。ロケーション最高なのに、人が少ない! 利用料金は5000円ほど出ますが、まるでラピュタの城みたいなレンガ壁と、広々して変化に富んだガーデンは、ジブリ好きにはたまらないです。(こちらへの申請のやりとりはご自身でお願いします☆)
http://oki-park.jp/kaiyohaku/info/2172


トップページへプロフィールギャラリー1ギャラリー2お仕事一覧映画・映像エッセイ写真集お問い合わせ

累計:29628 今日:8 昨日:9