Profile   自然・風景・野生動物・沖縄

いまいずみ しんや

photo by shizuku5

  • 1970年
    神奈川生まれ。中学のとき、顔見知りのホームレス男性が中学生に殺害されたことから、「人にとっての自然の必要性」について考えるようになる。高校時代に登山と素潜りを始め、一眼レフカメラを購入。19歳で「都会の自然とそこで遊ぶ子たち」をテーマに初の写真展を開催。
  • 1994年
    沖縄国際大学・社会学科卒業(石原昌家ゼミ/ 沖縄戦聞き取り調査等専攻)。大学在学中より旅や自然をテーマとした個展を開催、卒業後フリーカメラマンとして活動を始める。1997年に沖縄島北部のとある森と出会い、7年間・年200日以上、足掛け10年を森のテントで暮らしながら撮影。
  • 2003年
    海辺の簡素な施設をベースに昔暮らしを体験する「エコネット美(ちゅら)」にて、約3年間ガイドを務める。また、子どもの未来を見つめ活動するNPO法人・うてぃ~らみやでの撮影をスタート。2005年には、沖縄のジュゴンとウミガメが戯れる様子を初めて撮影。
     
  • 2007年
    ダム工事本格化のため、長期撮影を終了。島内ホテルでのライフガード、シーカヤックツアーを主催する「テラワークス」にてガイドなどを担当。2009年には水鳥の暮らしを描いた短編映画「RIVER」を撮影・編集・監督。 国際短編映画祭 Shortshorts Film Festival&Asia2010にて、J-WAVEアワードと観客賞を受賞。
  • 2011年
    震災を期に家族の姿をもう一度見つめた短編映画「見守石/みまもりいし」を制作。私的な記録ながら国内各映画祭で上映される。約3年間の障がい福祉職を経て、2012年に本格的な活動を再開。読谷村公式HPの撮影、リニューアルした海洋文化館内のパネル写真などを担当する。
  • 2016年
    琉球舞踊保存会(重要無形文化財保持団体)の映像記録などを担当。日本医療福祉生協の機関紙「ComCom」にてフォトエッセイの連載がスタート。2017年には6年ぶりの短編映画「Mother」の脚本・撮影・監督を務める。日米地位協定を背景に描いた初のドラマ作品はパリの国際映画祭でワールドプレミア、以降13ヶ国の映画祭でセレクションされる。
  • 2018年
    ドローン撮影をスタート、企業プロモーション映像などを手がける。ユインチホテル南城などのWEB映像や写真も担当。写真絵本「月ちゃん」(三恵社)を出版。
  • 2019年
    日本医療福祉生協のフォトエッセイ連載は4年目となる。6月に写真絵本「ジュゴンに会った日」(高文研)を出版。7月に合同写真展“LIFE , Filtered by KANI”、12月に日本風景写真家協会展「精密風景 プロ写真家29人の挑戦」に参加。
  • 2020年
    1997年より10年間撮影した森の写真集「神人の祝う森」を発表。やんばる全域で新しい風景撮影へ取り組みを開始。また大石林山のPV映像を1年間を通して制作。ほかにもパナソニックのSDGs撮影、写真誌での発表や各種機材レビューなど、発表の場を県外へ広げている。現在のメイン機材はLUMIX S1R。



shinya_awas.jpg shinya_gassa.jpg


トップページへギャラリー1ギャラリー2お仕事一覧映画・映像エッセイブライダル写真集お問い合わせ

Shin-ya Imaizumi

Biography

Born in Kanagawa, Japan in 1970. When he was in junior high school, a familiar homeless man was killed by a student of his generation, and he began to think about "the need for nature for children."

Started mountain climbing and skin diving in high school and purchased a single-lens reflex camera. At the age of 19, he held his first photo exhibition under the theme of "Urban Nature and Children Playing There". After majoring in the Battle of Okinawa at Okinawa International University, he started working as a photographer. He is an excellent outdoor man who handles a wide range of activities from sea kayaking to winter mountain climbing.

In 1997, he met the soul of the forest, and since then, he has been shooting for more than 200 days a year, living in a forest tent for 10 years. The work is summarized in the photo book "Hamincyu no iwau mori" (2020). Since then, he has consistently sent a message from his beloved Ryukyu Islands about the connection between nature and humans.

He has also published works in the film and video fields, and the documentary film "RIVER" (2009) won the J-WAVE Award and Audience Award at the International Shortshorts Film Festival & Asia, and the short film "Mother" (2017) is being screened at international film festivals in 13 countries overseas.

Message
Okinawa is a small island. However, there are a great variety of life in it.
When I live on this island, I have to deal with various problems such as environment and war crisis, but I like human beings as much as nature. Nature in humans. Humans in nature ...
I would like to continue shooting with my eyes open to that important point.

【 Photo exhibition 】
「Children's world」 (Yokohama,Kanagawa)
「Inconspicuous forest」(Ginoza,Okinawa)
「Okinawa's Natural Environment Report」(Ginowan,Okinawa)
「Raindrops and the Ocean,Water of the Hija River」(Kadena,Okinawa)
「By the Sea」(Onna,Okinawa)

【 Photo Book 】
「Voice of a little bird」
「The day I met the dugong」
「Polaris in the southern island」
「Celebrated forest」






累計:18167 今日:2 昨日:8